調理器具のメンテナンス方法の基本

包丁のメンテナンスはこまめに

消耗品にしないために

皆さんのお使いのフライパンはどんな素材のフライパンですか?
ここでは代表的なフッ素加工のフライパンのお手入れ方法と鉄のフライパンのお手入れ方法を紹介します。
まずはフッ素加工のフライパン。
油を使用しなくても焦げ付きづらいと最近主流になっているフライパン。
こちらを洗うときには柔らかいスポンジなどで優しく洗うのが最良です。
たわしなどでごしごしこすってしまうと傷の原因になり、フッ素加工が剥げてしまって焦げ付きの原因になります。
フッ素加工のフライパンをお使いの方は使用後汚れを放置してしまうと落ちにくくなってしまいますので、なるべく早くキッチンペーパーで汚れを落とすようにしましょう。
頑固な汚れは熱湯で浮かせる方法もあります。

鉄のフライパンをお使いの方は

鉄のフライパンは昔ながらの物で、使えば使っただけ味が出るものです。
作った人間の料理の味を残しているといってもいいくらい。油を吸い込んでどんどん良いフライパンに変化していきますので、長く使い続けられる調理器具の一つです。
こちらはたわしでごしごしこすっても大丈夫。
しかも、油を残しておくことでフライパンの味を作り出しているので水洗いで十分です。
洗剤で洗ってしまうとせっかく馴染んだ油が落ちてしまいますのでお湯とたわしで水洗いするのが基本です。
汚れや臭いがどうしても落ちない場合に限り洗剤を使うようにしましょう。
使用した後はなるべく早くシンクにもっていってみずにつけておきましょう。
洗い終わったら火にかけて水分を飛ばして完了です。


この記事をシェアする