調理器具のメンテナンス方法の基本

調理器具をメンテナンスして長く使う方法

包丁のメンテナンスはこまめに

毎日使う調理器具の一つともいえるフライパン。 どんな素材のフライパンかにより、メンテナンスの方法が異なります。それぞれどのような方法なのか皆さんはご存じでしたか? 恥ずかしながら筆者はあまり詳しくなく…すぐにこげのできるフライパンを作り出しては買い替えるという無駄な事をいままでやってきた一人です。

まな板のメンテナンス方法

包丁と合わせて摩耗するのがまな板。ではまな板はどのようなメンテナンスが必要なんでしょうか? 間違った方法で放置しておくと雑菌などが繁殖してしまいかねませんので注意が必要です。 お使いの素材とそのお手入れ方法を確認してみてください。 そんなに難しい方法ではないので誰でも毎日のように行えることですよ。

お鍋のメンテナンス方法

筆者がよくやってしまうのがお鍋のこげ…一度こげると取るのが大変で、でも焦げを落とさずに放置してしまうと次に使うときにまたしても焦げ付いてしまいイライラが止まらなくなってしまいます。少なくとも同じような経験をされた方がいるはず。素材別のメンテナンス方法は知りたいですよね。

フライパンのメンテナンス方法

皆さんは包丁のメンテナンスをどのくらいの頻度で実施していますか?
お恥ずかしながら筆者はほとんどできていなく、全く切れない包丁を使用し何度も自分の指を切りかけています。
力任せに押し切ろうとするのでそうなるのですが、こまめにメンテナンスをしていたらこんなことにはならなかったのに…と最近思っています。
新しい包丁を購入しても、メンテナンスの方法がわからなければまたすぐに切れなくなってしまいます。
基本的な包丁のメンテナンス方法を調べてみました。
まず、包丁は汚れたらなるべく早く洗い流すようにしましょう。汚れが残っているとすぐに切れ味がわるくなります。
しかも、塩分の強いものを切った後はたとえステンレスであってもさびる場合があります。
なるべく早く汚れを落としてしまいましょう。
もし、さび付いてしまった場合はクリームクレンザーを使って落とす方法があります。
しかし、錆のない状態の包丁でしたら、柔らかい食器用のスポンジで優しく洗うのが正解です。
洗い終わった後はなるべく早めにしっかり水分をふき取りましょう。
長く使い続けると切れ味は悪くなるのは当たり前。
定期的に(なんとなく切れなくなってきたなぁと思ったら)研ぐようにしましょう。
砥石を使用できる方は包丁と同時に砥石も一式そろえておくのがお勧めです。
砥石なんて使えないよ!という方でも、市販のシャープナーや、お茶碗の裏側、アルミホイルなどで研ぐことが可能です。
研ぎ終わると刃の部分に「かえり」と呼ばれる引っ掛かりができますので最後にそのかえりをとるように研ぐと切れ味が良いまま保管できます。

おすすめリンク

メンテナンス付き!コーヒーマシンレンタル

定期メンテナンスサービス付きがポイント!コーヒーマシンをレンタルするときの注意点について。

超音波洗浄機と周波数の関係やしくみ

超音波洗浄機の詳しい仕組みや正しい使い方を徹底解説!周波数との関係や構造について。

仙台ではエアコンクリーニングをしないのか

エアコンクリーニングは都市によって実施する時期やタイミングが違うもの。仙台の情報まとめ。

大阪の特殊清掃の料金とサービスを比較

大阪で口コミなどで評判の良い特殊清掃業者の料金とサービスを比較したので参考にどうぞ。